2007年01月15日

【山崎 豊子】木村拓哉主演ドラマ「華麗なる一族」の原作

■木村拓哉-きむら・たくや-主演ドラマ「華麗なる一族」■
「華麗なる一族」って以前にドラマ化されてるんですね。
Wiki見たら1974年10月1日から1975年3月25日だって・・・生まれてませんよ^^;
そりゃ知らないかw
初めてこの「華麗なる一族」を知ったのは、5〜6年前(?)かなぁ。
銀行の吸収合併とかで、○○銀行が今日からXX銀行ってのが
結構頻繁だったころのように思います。
原作について触れられている記事があって、興味をもったのが最初でした。
当時は、まさかキムタクが主演のドラマになるなんて思わなかったけど、
昨日の放送みて、なかなかだなっと。
あまりキャストでTVを見るほうではないので、原作が好きでみたら
なかなかいいじゃんとハマリの兆候ですw
でも、やっぱ原作読んで欲しいな〜〜っ。


華麗なる一族〈上〉
華麗なる一族〈中〉
華麗なる一族〈下〉

華麗なる一族華麗なる一族華麗なる一族


内容(「BOOK」データベースより)
業界ランク第10位の阪神銀行頭取、万俵大介は、都市銀行再編の動きを前にして、上位銀行への吸収合併を阻止するため必死である。長女一子の夫である大蔵省主計局次長を通じ、上位銀行の経営内容を極秘裏に入手、小が大を喰う企みを画策するが、その裏で、阪神特殊鋼の専務である長男鉄平からの融資依頼をなぜか冷たく拒否する。不気味で巨大な権力機構「銀行」を徹底的に取材した力作。
posted by gin-lime at 13:00 | 小説関係
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。