2007年01月17日

【このミステリーがすごい大賞受賞作】ブレイクスルー・トライアル(伊園 旬)

■第5回『このミステリーがすごい!』大賞 大賞受賞作■
最近「活字」に触れていないなと読み応えのある本を探してて発見。
著者は国内コンピューターメーカーにお勤めだそうで、
こういった方の書くストーリーは、結構はまるのが多いので
読んでみようかな♪
大賞受賞っていうのも裏づけありだよね。

ブレイクスルー・トライアル
商品の説明
ブレイクスルー・トライアル ~第5回『このミステリーがすごい!』大賞 大賞受賞作~

伊園 旬 (著)

出版社 / 著者からの内容紹介
懸賞金1億円の一大イベント<ブレイクスルー・トライアル>に参加することを決めた、門脇と丹羽。それは、技術の粋をつくした難攻不落の研究所に侵入し、制限時間24時間以内に、所定のものを持ち帰るというものだった。彼らにはそれぞれの過去があり、このイベントで優勝することによって人生を変えようと考えていた。
ひょんなことからイベントに紛れ込んだダイヤモンド強盗犯グループ、保険会社の依頼で、その強盗を追う私立探偵、研究所の守りを固める叩き上げ頑固一徹の管理人、ライバル会社から派遣されたスパイチームなどが参加を表明し、それぞれ思惑を胸にイベントに集結する。侵入者を阻むため、各所に設けられた指紋、静脈、虹彩などの生体認証。さらには、凶暴な番犬や新型警備ロボットの一群など、数々の障害に立ち向かい、突破するのはどのチームなのか。
著者について
伊園 旬(いぞの・じゅん) 1965年、京都生まれ。関西大学経済学部卒業。国内コンピューターメーカー勤務。
posted by gin-lime at 08:46 | 小説関係
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。