2007年05月12日

【村山由佳】おいコー最新刊「蜂蜜色の瞳」

■村山由佳:むらやまゆか「おいしいコーヒーのいれ方」■
おいコーのシリーズ最新刊。
Second Season発売ですよ。
Web版は昔はチェックしてたんだけど、
近頃まったく見てないので、楽しみなんだよね。
どんなストーリー展開になるのかな。

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season I 蜂蜜色の瞳
2007/5/26発売予定だ!!
posted by gin-lime at 10:21 | 村山 由佳

2007年03月12日

【村山由佳】映画:天使の卵(小西真奈美・沢尻エリカ・市原隼人)

■原作:村山由佳 天使の卵DVD■
結局、映画館には行かなかったけれど、DVD情報見つけたので。
ドラマ版は見たんだけどさ、やっぱ村山ワールドは文章で
浸りたいかも。
あ、映画を見ていないからそう思うのかな。

天使の卵
天使の卵 コレクターズ・エディション

出演: 市原隼人, 小西真奈美, 沢尻エリカ, 戸田恵子, 鈴木一真

美大志望の浪人生である歩太(市原隼人)は夏姫(沢尻エリカ)という彼女がいながら、電車の中で春妃(小西真奈美)という女性にひとめぼれ。彼女のことが忘れられなくなる。その春妃と精神を病んでいる父が入院している病院で声をかけられる。彼女は父の主治医だった。そしてもうひとつ驚くべき偶然が。春妃は夏姫の姉でもあった…。春妃のことが忘れられず、一途な気持ちをつのらせる歩太。その気持ちに春妃も心動かされるが…。
直木賞作家、村山由佳のベストセラー小説が待望の映画化。一途な純愛でも止めることのできなかった、悲しい運命を描きつつ、運命にはあらがえないけれど、それでも生きていかなくてはいけない生を、恋愛を通して描いた作品だ。主役の3人を映し出す映像が美しく、一線をひいていた歩太と春妃の気持ちのたががはずれて結ばれるラブシーンなど、まるでファンタジーのよう。監督は『非・バランス』の冨樫森。 小西真奈美の透明感溢れる美しさと哀しみをたたえた瞳が、この映画の世界観を支えている。まさにハマリ役と言えるだろう。(斎藤 香)
メーカー/レーベルより
小西真奈美、市原隼人、沢尻エリカ(ともに日本アカデミー新人俳優賞受賞)の豪華'主演クラス'俳優が夢の競演! 原作は直木賞作家・村山由佳。100万人以上に愛され続けた'純愛小説の原点'を10年を経て待望の映画化!
96年年発刊の原作は'泣ける小説'として口コミで話題となり、続編「天使の梯子」「ヘブンリー・ブルー」のシリーズ化もされた超ベストセラー。

原作: 村山由佳「天使の卵 エンジェルズ・エッグ」(集英社刊)
脚本: 今井雅子(「子ぎつねヘレン」)
監督: 冨樫 森(「星に願いを。」「鉄人28号」)
劇中画: 津田やよい
主題歌: 「君がいるから」 SunSet Swish(SME)
CAST 市原隼人(「あいくるしい」 「チェケラッチョ!!」 「虹の女神」)
小西真奈美(「UDON] 「きらきら研修医」(07・1~))
沢尻エリカ(「タイヨウのうた」(TV) 「シュガー&スパイス」 「手紙」)
戸田恵子(「ラヂオの時間」 「有頂天ホテル」)
北村想(「十一人の少年」 「トキワ壮の青春」)
鈴木一真(「ゲレンデが溶けるほど恋したい」 「錦鯉」)
三浦友和(「ALWAYS 三丁目の夕日」「出口のない海」)


天使の卵
天使の卵 通常版


ドラマスペシャル 天使の梯子
ドラマスペシャル 天使の梯子

出演: ミムラ, 要潤

商品の説明
メーカー/レーベルより
● 100万人が涙した恋愛小説「天使の卵」の続編をドラマ化!
● 原作は恋愛小説の妙手、村山由佳
● 同時期(2006年秋)に公開された映画「天使の卵」の10年後を描いた作品
● 出演はミムラ、要潤、渡部豪太 他、豪華キャスト!
<解説>
テレビ朝日系にて'06年10月22日に放送された『天使の梯子』がDVDに。このドラマの原作は、若い女性に圧倒的な人気を誇る恋愛小説の妙手・村山由佳の同名小説。初恋の美しさと残酷さを描き、累計100万部を突破したベストセラー小説『天使の卵』の続編にあたる作品です。
ミムラ、要潤、渡部豪太をメイン・キャストに配し、綴られるこの真実の愛の物語は、与那国島ロケによる美しい映像なども織り込んだ感動作。10年前、最愛の姉を失い、初恋の相手の人生も変えてしまった主人公は、以来、罪悪感を抱えて生きるようになるが、やがて現れた年下の恋人の一途な思いが彼女の心に波紋を広げていく……。全身全霊で愛を受け止め、ぶつかっていく主人公たちの姿はとても印象的です。
加えて、注目すべきは、このドラマが放送された10月22日は、なんと市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカという強力キャストで映画化された『天使の卵』の劇場公開の翌日であること。映画公開の翌日に、その続編を放送! しかも、ドラマの中で10年前を回想する場面には映画のシーンが挿入され、それがドラマを盛り上げ、相乗効果を生むという画期的な作品です。
<ストーリー>
輸入食器ブランドに勤める斉藤夏姫(=なつき ミムラ)は10年前、初恋の相手・歩太(要潤)と交際していた姉を激しく非難した。その夜、姉は流産の末、他界。歩太も世捨て人のような生活を送るようになる。以来夏姫は、すべては自分のせいではないかという罪悪感にさいなまれてきた。
そんなある日、夏姫は教師時代の教え子・慎一(渡部豪太)と再会する。慎一は8歳年下の大学生。8歳下、といえば、亡くなった姉とかつての恋人と同じ年齢差だった。夏姫の心に無性に当時の切なさが甦るが、そんなことは知らない慎一は一途に情熱をぶつけてくる……。
<キャスト>
ミムラ 要 潤 渡部豪太 ・ 戸田恵子 草笛光子
<映画『天使の卵』出演>
市原隼人 小西真奈美 沢尻エリカ
<スペック>
特典:特典映像を収録、ブックレット同梱(予定)
約100分+特典映像/カラー、ステレオ、ドルビーデジタル、片面2層、16:9
(C)2006 村山由佳/集英社・テレビ朝日・MMJ
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
村山由佳のベストセラー小説を映画化した『天使の卵』のその後の主人公たちの人生を、ミムラ、要潤、渡部豪太ほか豪華キャストの共演でTVドラマ化。10年前に起きた出来事に罪の意識を持ち続けていた夏姫は、ある日、教師時代の教え子・慎一に再会する。
posted by gin-lime at 08:50 | 村山 由佳

2006年10月23日

【村山由佳原作】ドラマ「天使の梯子〜てんしのはしご〜」

■恋をした、あの時のお姉ちゃんのように■
昨日放送されたドラマ見ました<天使の梯子
辛口感想というか、なんというか、微妙でした。
多分、原作のファンというか、村山由佳さんの書く文章のファンだから
っていうのも大きいと思うんだけどね。
映画の宣伝の為のドラマなんだなぁって思ってしまったよ。
でも、あの映画のシーンの入れ方はうまいね。
映画見たくなるもんw
でもさ、原作村山ワールドのファンとしては、
映像もいいけれど、文章で読んで欲しいなって思います。

天使の卵(エンジェルス・エッグ) (単行本)
天使の梯子 (単行本)
ヘヴンリー・ブルー (単行本)
天使の卵(エンジェルス・エッグ)天使の梯子ヘヴンリー・ブルー

■イチオシ♪■

すべての雲は銀の
すべての雲は銀の… (単行本)

村山 由佳 (著)

出版社/著者からの内容紹介
壊れた心にやさしく降り積もる物語
誰もが抱える傷なのに、痛くてたまらない――。
恋人の裏切りに心を引き裂かれ、大学生活を捨て信州・菅平にやって来た僕。もう人を愛せない。心も、そして体も――。
終わりのない痛みに閉ざされた僕が出会ったのは、信州の空のような明るさの奥にさまざまな傷を隠し持った人たちだった。
愛し合い、傷つけ合い、やがて赦し合う人々が静かに、せつなく奏でる交響楽。待望の長編小説。
posted by gin-lime at 15:53 | 村山 由佳

2006年08月29日

【村山由佳】ヘヴンリー・ブルー〜もう一つの「天使の卵」〜

■村山由佳 もう一つの『天使の卵』、書き下ろし新作登場■
「天使の卵」から12年
「天使の梯子」から2年
もうひとつの「天使の卵」アナザーストーリー。
春妃の妹・夏姫のモノローグでつづるもう一つの物語ってことで
せつない4つの短編が収録されているようです。
村山 由佳さんの著書はチェックしてたはずなのに
このところ生活がかわったことですっかり忘れてました・・・。
「天使の卵」の反響があるだけに、これを超える作品は難しいですし
読まれた方の反応は賛否両論ですが、私は純粋に作品として
読んでみたいですね。
また読んでから感想UPします。

ヘヴンリー・ブルー
ヘヴンリー・ブルー (単行本)

村山 由佳

版社/著者からの内容紹介
もう一つの『天使の卵』、書き下ろし新作登場!
『天使の卵』では、どんなに熱い想いを歩太に抱いても報われなかった夏姫の恋。思いがけず姉・春妃に向けた恨みの言葉。狂おしい熱情と悔恨と懺悔。夏姫のモノローグで綴るせつない4つの短編。
内容(「MARC」データベースより)
「天使の卵」では、報われなかった歩太への夏姫の恋。思いがけず姉・春妃に向けた恨みの言葉。狂おしい熱情と悔恨…。春妃の妹・夏姫のモノローグでつづるもう一つの物語

■関連作品■
天使の卵(エンジェルス・エッグ) (単行本)
天使の梯子 (単行本)
天使の卵(エンジェルス・エッグ)天使の梯子
■こちらもオススメ■

おいしいコーヒーのいれ方
おいしいコーヒーのいれ方

■村山 由佳作品でのイチオシ!■

すべての雲は銀の…
すべての雲は銀の… (単行本)

村山 由佳

出版社/著者からの内容紹介
壊れた心にやさしく降り積もる物語
誰もが抱える傷なのに、痛くてたまらない――。
恋人の裏切りに心を引き裂かれ、大学生活を捨て信州・菅平にやって来た僕。もう人を愛せない。心も、そして体も――。
終わりのない痛みに閉ざされた僕が出会ったのは、信州の空のような明るさの奥にさまざまな傷を隠し持った人たちだった。
愛し合い、傷つけ合い、やがて赦し合う人々が静かに、せつなく奏でる交響楽。待望の長編小説。
内容(「BOOK」データベースより)
恋人の裏切りに心を引き裂かれ、大学生活を捨て信州・菅平にやって来た僕。もう人を愛せない。心も、そして体も―。終わりのない痛みに閉ざされた僕が出会ったのは、信州の空のような明るさの奥にさまざまな傷を隠し持った人たちだった。愛し合い、傷つけ合い、やがて赦し合う人々が静かに、せつなく奏でる交響楽。待望の長編小説。
posted by gin-lime at 10:45 | 村山 由佳

2006年06月10日

【村山 由佳】夢のあとさき〜おいしいコーヒーのいれ方10〜読みました

■おいしいコーヒーのいれ方:ついに勝利とかれんが!これぞ10年越し?■
読みました!
感想を書くので、未読の方は、読み飛ばしてAmazonLinkクリックへ(笑)


帯に間違いはなかったが、もぉ「やっとかも」という期待を抱いて
ページをめくるんですが、やっぱ途中がねぇ
またかよ、勝利!!!!!
男性の気持ちはわかりませんが、本当にここまで思っちゃうのかな?
年下っていうのが、ネックなのかな・・・
でも、もやもや〜〜っとしたのを我慢して読んでよかった!
しかも同日に購入したサントラCD聞きながら♪
CDについている解説読んだら、また最初から読み返したくなりました。


夢のあとさき
おいしいコーヒーのいれ方 (10) (単行本)

村山 由佳

おいしいコーヒーのいれ方
オムニバス
1. ウィザウト・ユー(ハリー・ニルソン)
2. アフリカ(TOTO)
3. オール・バイ・マイセルフ(エリック・カルメン)
4. スタンド・バイ・ミー(ベン E.キング)
5. ウィアー・オール・アローン(ボズ・スキャッグス)
6. コーリング・ユー(ホリー・コール)
7. くよくよするなよ(ボブ・ディラン)
8. 明日に架ける橋(サイモン&ガーファンクル)
9. おお,プリティ・ウーマン(ロイ・オービソン)
10. モア・ザン・ワーズ(エクストリーム)
11. ウェイト・フォー・ミー(ダリル・ホール&ジョン・オーツ)
12. シスター・クリスチャン(ナイト・レンジャー)
13. タイム・アフター・タイム(シンディ・ローパー)
14. モア・ザン・ア・フィーリング(宇宙の彼方へ)(ボストン)
15. 胸いっぱいの愛(バングルス)
16. オープン・アームズ(ジャーニー)
17. タイム・アンド・タイド(バーシア)
18. すべては風の中に(カンサス)
19. パラダイス~愛のテーマ(アン・ウィルソン&マイク・レノ)
posted by gin-lime at 13:01 | 村山 由佳

2006年06月05日

【村山 由佳】おいしいコーヒーのいれ方-夢のあとさき

■勝利とかれん、ついにクライマックス!!■
遠く離れたかれんに、勝利の想いは届くのか!?

なんて惹かれる帯でしょうw
連載から10年やっと・・・なのか!?
「おいコー」はなんだかんだ言っても
途中でだれてきたなとか思ってしまっても
でもその文章力でついつい読み続けてるだけに
かなり期待大!

夢のあとさき
おいしいコーヒーのいれ方 (10) (単行本)

村山 由佳

おいしいコーヒーのいれ方
オムニバス
新刊&CD情報はこちら→http://www.shueisha.co.jp/coffee/news/info_book10.html
posted by gin-lime at 12:28 | 村山 由佳

2006年05月08日

【村山 由佳〜むらやま・ゆか〜】おいしいコーヒーのいれ方

■小説に出てくる楽曲中心のオムニバス■
村山由佳さんの小説を読んでいると洋楽のタイトルとかがよく出てきますが
ストーリーに引き込まれれば引き込まれるほどその曲が聞きたくなります。
同じ思いをしている人は多いんじゃないかな?
そんなときはこのオムニバスアルバム!
タイトルの通り、小説に出てくる楽曲を中心に
村山由佳さん選曲の洋楽コンピ。
是非、小説を読みながら聞きたいですね。

おいしいコーヒーのいれ方
オムニバス
曲目リスト
1.ウィザウト・ユー(ハリー・ニルソン)
2.アフリカ(TOTO)
3.オール・バイ・マイセルフ(エリック・カルメン)
4.スタンド・バイ・ミー(ベン E.キング)
5.ウィアー・オール・アローン(ボズ・スキャッグス)
6.コーリング・ユー(ホリー・コール)
7.くよくよするなよ(ボブ・ディラン)
8.明日に架ける橋(サイモン&ガーファンクル)
9.おお,プリティ・ウーマン(ロイ・オービソン)
10.モア・ザン・ワーズ(エクストリーム)
11.ウェイト・フォー・ミー(ダリル・ホール&ジョン・オーツ)
12.シスター・クリスチャン(ナイト・レンジャー)
13.タイム・アフター・タイム(シンディ・ローパー)
14.モア・ザン・ア・フィーリング(宇宙の彼方へ)(ボストン)
15.胸いっぱいの愛(バングルス)
16.オープン・アームズ(ジャーニー)
17.タイム・アンド・タイド(バーシア)
18.すべては風の中に(カンサス)
19.パラダイス~愛のテーマ(アン・ウィルソン&マイク・レノ)

Jump J books〜ジャンプ・ジェイ・ブックス〜
キスまでの距離―おいしいコーヒーのいれ方〈1〉
僕らの夏―おいしいコーヒーのいれ方〈2〉
彼女の朝―おいしいコーヒーのいれ方〈3〉
雪の降る音―おいしいコーヒーのいれ方〈4〉
緑の午後―おいしいコーヒーのいれ方〈5〉
遠い背中―おいしいコーヒーのいれ方〈6〉
坂の途中―おいしいコーヒーのいれ方〈7〉
優しい秘密―おいしいコーヒーのいれ方〈8〉
聞きたい言葉―おいしいコーヒーのいれ方 (9)
集英社文庫
キスまでの距離―おいしいコーヒーのいれ方〈1〉
僕らの夏―おいしいコーヒーのいれ方〈2〉
彼女の朝―おいしいコーヒーのいれ方〈3〉
雪の降る音―おいしいコーヒーのいれ方〈4〉
緑の午後―おいしいコーヒーのいれ方〈5〉
遠い背中 -おいしいコーヒーのいれ方 〈6〉
坂の途中―おいしいコーヒーのいれ方〈7〉

posted by gin-lime at 12:44 | 村山 由佳

2006年03月30日

【村山 由佳(翻訳)】不思議の国のアリス

■守ってあげたいアリスです。村山由佳(直木賞作家)の新訳■
村山由佳さんの翻訳でルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」
こうして本になってみると、なんでいままで無かったの?
って思えるぐらいぴったりですよね。
子供の頃に絵本とか児童書で読んだだけなので
今のこの年齢でもう一度読んでみようかな。

不思議の国のアリス
不思議の国のアリス

ルイス キャロル (著), Lewis Carroll (原著), Tove Jansson (原著), 村山 由佳 (翻訳), トーベ ヤンソン

内容(「BOOK」データベースより)
守ってあげたいアリスです。村山由佳(直木賞作家)の新訳。トーベ・ヤンソンの“幻のアリス”40年の時を経て初公開。
内容(「MARC」データベースより)
キャロル自身がアリスに語り聞かせる口調をそのまま文章にした、永遠の少女たちと、彼女を守りたいと願う永遠の少年たちに捧げる新訳。「ムーミン」で知られるトーベ・ヤンソンの「幻のアリス」、40年の時を経て初公開。

posted by gin-lime at 13:00 | 村山 由佳

2006年01月19日

映画「天使の卵」クランクアップ

■「天使の卵」2006年秋公開予定!■
2006年秋公開予定の「天使の卵」が12月にクランクアップしてたらしい。
映画化されるとかキャスト決定とか、そのあたりの情報までは
追っかけてたんだけど、すっかりクランクアッップ情報を見逃してた。
キャスト
歩太:市原隼人<主人公>
春妃:小西真奈美<ヒロイン>
夏姫:沢尻エリカ<ヒロインの妹>

天使の卵 エンジェルス・エッグ
天使の卵(エンジェルス・エッグ)


天使の卵 エンジェルス・エッグ
天使の卵―エンジェルス・エッグ 集英社文庫


そのひとの横顔はあまりにも清洌で、凛としたたたずまいに満ちていた。
19歳の予備校生の"僕"は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。
高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持はあったが、"僕"の心はもう誰にも止められない―。
第6回「小説すばる」新人賞受賞作品。
みずみずしい感性で描かれた純愛小説として選考委員も絶賛した大型新人のデビュー作。
内容(「MARC」データベースより)
19歳の画家志望の予備校生、歩太と8歳年上の精神科医、春妃。
二人は春もまだ浅いラッシュアワーの電車の中で、その"恋"に出会った。
止まらない、もう誰にも止められない、この激しく貫く純愛

クランクアップ情報はこちら
http://www.shueisha.co.jp/coffee/news/movie/index.html
posted by gin-lime at 12:41 | 村山 由佳

2005年07月23日

楽園のしっぽ / 村山 由佳 (著)


村山 由佳さんの最新作
エッセイ集発売です
まだ手元にないので、読んだら感想書きます


楽園のしっぽ
楽園のしっぽ

村山 由佳 (著)
posted by gin-lime at 01:00 | Comment(0) | 村山 由佳

2005年07月05日

「天使の卵」映画化、ヒロイン小西真奈美

何日か前のニュースで見たのですが、
ヒロインに小西真奈美さんですか。。。
なんだかちょっとイメージと違ったかなぁ・・・
でも、今の気持ちで読み返せば
また違ったイメージなのかも。。。。
主演は市原隼人さん。
すいません・・・この方知らないです^^;
TVをほとんど見ないので有名な人なのかな?
とにかく、原作のよさをなくさない映画にして欲しいと思います。


天使の卵(エンジェルス・エッグ)
天使の卵(エンジェルス・エッグ)

村山 由佳 (著)


天使の卵
天使の卵―エンジェルス・エッグ 集英社文庫

村山 由佳 (著)

posted by gin-lime at 01:40 | Comment(1) | 村山 由佳

2005年06月13日

【村山由佳】聞きたい言葉-おいしいコーヒーの入れ方9-

やっと読みました。
本当は土曜日に届いてたんだけど、出かけてたりゴタゴタしてて
じっくり読めないからおいてたんだ。
正直に言うと、ちょっと買うの躊躇してたし
読むぞっていう勢いが必要だったのね。
でも買って良かったです。
優しい嘘までの、もやもやがふっとんだよ。
村山由佳さんの本には、本当の意味で「悪い人」が出てきません。
嫌だなって思うのは、その人の感情がわかりすぎるから。
星野りつ子を好きになれないのも、彼女の置かれている立場というか
頑張っている姿が痛いからなのかも。
今回の「聞きたい言葉」は、かれんの旅たち決定までですが
読み終わってほっとしました。
思い返せば長いですよね。
キスまでの距離が1994年の9月ですから、もう11年!?
まだ続きそうだし・・・。



聞きたい言葉
聞きたい言葉―おいしいコーヒーのいれ方9 JUMP J BOOKS

村山 由佳 (著)



キスまでの距離
僕らの夏
彼女の朝
雪の降る音
緑の午後
遠い背中
坂の途中
優しい秘密
聞きたい言葉

posted by gin-lime at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 村山 由佳

2005年05月29日

聞きたい言葉―おいしいコーヒーのいれ方9/村山 由佳(著)

村山由佳さんの最新作
おいしいコーヒーのいれ方シリーズ第9弾
「聞きたい言葉」 発売!

「優しい秘密」では、かれんの一人暮らしが決まったところまでで
いや〜な展開もあったので、この「聞きたい言葉」では
なんだかなぁと思いながら、読みたいような読みたくないような・・・
まだ手元には届いていないので、そんな気分。


聞きたい言葉―おいしいコーヒーのいれ方9 JUMP J BOOKS

村山 由佳 (著)



キスまでの距離
僕らの夏
彼女の朝
雪の降る音
緑の午後
遠い背中
坂の途中
優しい秘密
聞きたい言葉

posted by gin-lime at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 村山 由佳

2005年04月17日

永遠。/村山由佳(著)

村山由佳さんが映画にインスパイアを受けて
書かれた本です。
いまだに「卒業」の方はみたことないんだけど
「卒業」「永遠。」の2つで作品が完成するってレビューを読んで
DVDを買おうかと思案中。
「永遠。」の中で語られない物語が映画にはあり
またその反対もあって、作品としてはそれぞれが完結してるんだけどね。
村山由佳さんの描く「やさしい時間」に浸りたくなったら
この本を読んでみるのもいいかもでしれないです。


永遠。
永遠。

村山 由佳 (著)

内山理名主演映画「卒業」のサイドストーリー。
村山由佳が映画にインスパイアを受けて新たに書いた、
もうひとつの物語を収める。
映画では語られなかった側面をイメージ豊かに切々と綴る、
新しい形のコラボレーション。


卒業
卒業


「ココニイルコト」の長澤雅彦監督が贈る切ない愛の物語。
卒業を控えた短大生・麻美はある雨の日、
心理学講師の真山に赤い傘を差し出す。
以来、麻美は真山と時を重ねるが、
実は以前から麻美は真山をそっと見つめ続けてきた。
亡き母の愛した男、そして自分の父親として…。
出演は内山理名、堤真一ほか。
posted by gin-lime at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 村山 由佳

2005年03月29日

海を抱く―BAD KIDS / 村山 由佳 (著)

BAD KIDSの続編的な小説
ありえない設定だなと思いながらも
読み進めてしまいました。
やっぱ心理描写がうまい作家さんだよなぁ。
読み始めはイライラってするんだけど
読み終わったあとはスッキリw
この手の話が苦手でも、読み終わった後の
充実感・・・?なんて表現するのか
うまい言葉が見つからないけれど
いい感じです。

超高校級サーファー・光秀と副生徒会長・恵理。
優等生の顔とは裏腹に、
異性への性衝動と同性への恋情を抱く恵理は、
思いがけない場面で光秀と出会う。
誰にも言えないお互いの「罪」を癒すことはできるのか。

本当の僕らを、誰も知らない


海を抱く―BAD KIDS
海を抱く―BAD KIDS



海を抱く―BAD KIDS 集英社文庫
海を抱く―BAD KIDS 集英社文庫

posted by gin-lime at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 村山 由佳

2005年03月23日

BAD KIDS(バッド キッズ) / 村山 由佳 (著)

村山 由佳さんの作品。
(やはり彼女の文章がすきv)
愛情の向け方に読み始めは戸惑いましたが
同姓への思いも、それほど抵抗無く読めました。
やっぱり心情描写がうまいんだろうな。
思いの先が誰であれ、その思いは純粋だもんね。
年上の恋人の愛が信じられない。
続けていけなくて、離れたいのに
想いは消せない。
切ないね〜・・・。


BAD KIDS(バッド キッズ)
BAD KIDS(バッド キッズ)

村山 由佳 (著)


BAD KIDS 集英社文庫
BAD KIDS 集英社文庫

村山 由佳 (著)

海のように優しい、海のように激しい。
18歳の愛と性の真実!

20歳も年上のカメラマンとの関係に苦悩する都は高校の写真部長。
彼女が絶好の被写体と狙いをつけた隆之は、
ラグビー部の同性のチームメイトに秘かな恋心を抱いていた。
傷つき悩みながら、互いにいたわりあうふたり。
やがて、それぞれに決断の時を迎える。
愛に悩み、性に惑いながらもひたむきに生きる18歳の、
等身大の青春像をみずみずしいタッチで描く長編小説。
posted by gin-lime at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 村山 由佳

2005年03月15日

きみのためにできること / 村山 由佳 (著)

すばらしい音を創りたい。
しかし夢までは遠い。
未熟な音声技師・俊太郎が夢を追い、時を駆ける。
そして、恋人がふたり彼の心に棲み始め、
深く眠った魂が呼び覚まされ…。
ほろ苦く、過激にせつない、清冽な青春小説

村山由佳さんってことで購入した本です。
彼女の本は、やっぱり文体っていうか
その村山ワールドが好きだな。
ストーリーとしては、あまり好きなジャンルでは
なかったんだけど、読んでみたら以外に最後まで一気に
読んでしまったw

主人公の気持ちというか葛藤も分かる。
恋愛小説にありがちな、なんだかなぁっていうのも無くて
寂しさも伝わってきます。
恋愛小説が苦手な人にも読みやすいと思います。


きみのためにできるこ
きみのためにできること



きみのためにできること 集英社文庫
きみのためにできること 集英社文庫



きみのためにできること DVD
きみのためにできること DVD

posted by gin-lime at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 村山 由佳

2005年03月10日

晴れときどき猫背 / 村山由佳

村山由佳さんのエッセイ第二段。

体内時計から猫時間へ
鴨川での自然派生活を謳歌している暮らしのエッセイ。

人生あみだくじ。鴨川の生活に迷いこんできた
2匹の迷い猫の訪問で!?
思いがけず変化した村山家の生活を、
生きものたちのカラー写真とともに紹介。
オリジナルポストカード付き

これまで猫ってかわいいとは思っても
飼いたいなって思えなかった
でも、このエッセイを読んで一気に猫好きに(笑)
こんなふうに自然に囲まれて生活いているのが
村山由佳さんの文章に表れているんだろうな。


晴れときどき猫背
晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉


公式サイト
posted by gin-lime at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 村山 由佳

2005年03月08日

夜明けまで1マイル―somebody loves you / 村山由佳

運命の恋なんて、ない
ただ恋か、恋じゃないか、
そのどっちかなんだよ。

これもまた本の帯とか表紙とか
かわいくて迷わず買った(笑)
村山由佳さんの本ってこういったところの作りも
丁寧でいつもすごいなって思う。

「夜明けまで1マイル」の中で、
自分の名前が好きじゃない主人公が
漢字の意味を調べるところがあるんだけど
そこがすごく好き。

報われなかったり、頑張ってもダメなことってあるんだけど
でも、救いもあるって思います。


夜明けまで1マイル
夜明けまで1マイル―somebody loves you



夜明けまで1マイル<文庫>
夜明けまで1マイル―Somebody...集英社文庫


posted by gin-lime at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(4) | 村山 由佳

2005年02月28日

村山由佳 著書「天使の卵(エンジェルス・エッグ)」映画化決定

前から噂になっていた、村山由佳さんの
天使の卵(エンジェルス・エッグ)」が映画化って話
どうやら決まりみたいですね。
週末に本屋に行ったら、天使の梯子の横に平積みされてて
その帯に「映画化」の文字が!
時間が無くてちゃんと見れなかったんだけど
キャストとかどうなるんだろう。
この本の良さを失わない映画化にしてほしいな


天使の卵
天使の卵(エンジェルス・エッグ)



天使の卵<文庫>
天使の卵―エンジェルス・エッグ 集英社文庫


posted by gin-lime at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(2) | 村山 由佳

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。