2005年12月06日

Presents 角田 光代(著)

■角田光代と松尾たいこ 珠玉の短編集■
まず角田光代さんの著書としらずに、カバーに目を惹かれました。
で、気になるなって思ってみると「角田光代」さんじゃないですか!
このシーズンの贈り物にも最適ですね。

Presents
Presents

角田 光代

直木賞作家・角田光代の短篇と人気イラストレーター・松尾たいこのイラストで切りとった、珠玉の短編集。
※初回限定・特製ラッピングカバー(外したカバーを広げると1枚の包装紙のようになります)
出版社からのコメント
女性が一生の間に、親、友達、恋人、子供などからもらう様々なプレゼント。
そのプレゼントをテーマにした12編の短篇小説を、年齢を追いながら角田光代氏が紡ぎ、
イメージを膨らませた絵を松尾たいこ氏が描きます。
ここに描かれているプレゼントは、単なるモノではありません。
生れて初めて親からもらう「名前」や、中学生のときの「初キス」など、
接する人々の想いが深く込められたかけがえのないものです。
ページをめくっていくと、親しい人にふと感謝の気持ちがわきおこり、
そして、自分自身も優しい気持ちになれる作品に仕上がりました。
また、今作品では、初回限定で特製ラッピング・カバーを採用。
外したカバーを広げると1枚の包装紙のようになります。
(初回限定ですので、在庫が無くなり次第終了となります)

posted by gin-lime at 12:51 | Comment(0) | 角田 光代

2005年06月21日

【角田 光代】恋するように旅をして/今、何してる?

好き嫌い、合う合わないってあると思うけど
「角田 光代」さんのエッセイとか文体が好きです。
良い意味で力をいれずに読めて、くすっと笑えます。
穏やかだけではないだろうけれど、彼女の周りに流れる時間は
やさしいのだろうなって思います。
とげとげしている最近なので、この2冊を久々に読みたいな。


恋するように旅をして
恋するように旅をして 講談社文庫

角田 光代 (著)


今、何してる?
今、何してる? 朝日文庫

角田 光代 (著)

posted by gin-lime at 12:58 | Comment(0) | 角田 光代

2005年04月06日

人生ベストテン 角田光代(著)

サクサクと読めてしまいます。
さすがは「角田光代」さんですね。
読み進めていくうちに、笑いがこみ上げたり
でもちょっと切なくて・・・。
読んで後悔はないですよ。

直木賞受賞第一作
13歳のあの夏から、私に会いにきたひとは?
どこにでもいる男たちと女たちの<出会い>が生みだす、ちいさなドラマ。
おかしくいとしい6つの短篇。

「床下の日常」
水漏れ工事に向かったマンションで、陰気な人妻から食卓に誘われたぼくは
「観光旅行」
恋人と訣別するためイタリア旅行中の私は、観光地で母子喧嘩に巻き込まれ
「飛行機と水族館」
アテネ帰りの飛行機で隣り合った泣き女が、なぜかぼくの心にひっかかり
「テラスでお茶を」
男とのねじくれた関係を刷新すべく、中古マンション購入を決意した私だが
「人生ベストテン」
40歳の誕生日を目前に、恋すらしていない人生に愕然とした私は
「貸し出しデート」
夫以外の男を知らない主婦の私が、若い男を借り出してデートに挑むが

人生ベストテン
人生ベストテン 角田光代(著)

posted by gin-lime at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 角田 光代

2005年02月24日

幸福な遊戯 / 角田 光代

角田光代さんのデビュー作
内容は、はじめ少し抵抗があったのですが
読んでみたら抵抗は無くなりました。
好き嫌いはあると思いますが、
角田光代さんの文章に惹かれたら
読んでみるのもいいかと思う。


幸福な遊戯 / 角田 光代
幸福な遊戯

posted by gin-lime at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 角田 光代

コイノカオリ / 角田 光代 他

角田光代さんを含め6人の作家さんが名を連ねています。
かわいらしい表紙

最近、恋のしかた、忘れてませんか?
ひとは、一生のうち何度恋におちるのだろう。

それぞれのモチーフで書かれた話
私は角田光代さんしか知らなかったのですが
なかなか良かったです


コイノカオリ/角田 光代
コイノカオリ

posted by gin-lime at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 角田 光代

だれかのことを強く思ってみたかった / 角田 光代

第132回直木賞作家:角田光代さんの著書
これはジャケ買いしそうなぐらい好きな表紙です。
写真は佐内 正史さん。
彼の写真と文章で心地よく読めます。
のんびりと読みたい一冊です


だれかのことを強く思ってみたかった/角田 光代
だれかのことを強く思ってみたかった

posted by gin-lime at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(2) | 角田 光代

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。