2005年03月20日

平中悠一「ポケットの中のハピネス」〜心が寂しいときに〜

平中悠一さんの文章は、一言で言うと「オシャレ」です。
独特の世界観で、力を抜いて読めます。
切ないストーリーが多い中で、これはハッピーエンドばかりの作品です。
ミッシング・ピース、見つけてみるのはいかがでしょう?
Amazonのレビュアーの方も書いてらっしゃいますが
心が寂しいときに読んでみるのもいいです。

あの日、あの風に吹かれていた時と同じ気持ちになって、
胸をどきどきさせながら、10代の頃の「自分=気持ち」を思い出してみませんか?
「ハッピーエンディング」をコンセプトに、短篇とエッセイで構成

ポケットの中のハピネス
ポケットの中のハピネス

平中 悠一 (著)

posted by gin-lime at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 平中 悠一

2005年02月21日

平中悠一「僕とみづきとせつない宇宙」

平中悠一さんの作品を
初めて読んだのは市の図書館でした。
アンニュイな世界観が好き。
でもあまり売れてないのかな・・・
すぐに在庫切れで次回入荷なしとか。
この本が出たときもなかなか入荷してくれなくて
当時Amazonを利用してたなら
近くの大手本屋に注文せずに頼んだのにって思う。

その夏、僕らは痛みのない惑星にいた

僕とみづきとせつない宇宙
僕とみづきとせつない宇宙

posted by gin-lime at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 平中 悠一

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。